マボと桜木

今までやっていたサッカーが、スーラータンメンみたいな泥まみれというか、ものすごく個性的な感じのサッカーしていたのですが、普通の基準のサッカーをしようとしていらっしゃるわけで、平坦反比例ノサッカーものの感じで何かと苦労しているのかな?とね。
あとは、どうかな?ヤリタイサッカーって、掛かるスポーツマンというのが合っていないというのが起こるのよね。
本当に、要所がウインガーで個で打開できるようなスポーツマンほしいのでしょうが、マルティノスを取ったのですが、その恋人が活かせていないし、ヤリタイサッカーとスポーツマンのヤリタイサッカーが合っていないのよね。
スポーツマンはポゼッションしたみたいですが、ハリルみたいなサッカーをプロデューサー最初やりたいので、そこをとりわけ制御しないとダメでしょうしね。
ハリルみたいな感じ、あとは鹿島くさい感じのサッカーを目指すという対応ね。嬉しい意味でしたたかな感想ね。激しい状況っていうのは、守備が固いときは範疇良いので、では守備でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です