リオサイトメル(Liothytomel)25mcg

筋トレ界で話題の“アナボリック”でマッチョを調達!

■筋肉強化は人物の課題だ。

スマートな曲線が相応しい!筋肉があったほうが素晴らしい!
うまれつき、ずっとそんな緊張にさらされながら生きてきました(笑)。

業界を支配するこういう強要徳義心!
脂肪がつき辛く、さくっと筋肉強化もらえるヒューマンには、まったく問題ないのでしょうけど、
私にとっては、一生における大きな障害となってある程度立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

従って、筋肉強化のためにそれこそペラペラ試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年のストックって作りの結果、一環だけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい瞬間が掛かり、増強した筋肉が落ちるのは際」という思想的陳述(笑)。

あれ?なんか変だな。
一層シレッとした風貌で、筋肉強化やるヒューマンはいっぱいいるのに、なんで私だけ貧弱のか?

こういう長年の問合せに、ようやく痺れを切らした私は、その人(筋肉強化持続のお兄さん)に突入で聞いてみたのです。
そうして、その筋肉強化法を実践してみようと思っています。
今回は、その近辺をこういうウェブログに残そうとして、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。

■筋肉強化法、その回答は「アナボリックを制す!」

アナボリック??????? 
聴きなれないセリフですよね。
私も?でした。そこで受け売りですが、書いておきます。

「アナボリック」は?
—————————————————-
筋肉原理などの内臓たんぱく質配合の拡大や、
赤血球形成拡大機能のあるたんぱく同化機能の企業。
貧血の手直しやカルシウムの排出を燃やす働きがある他、
筋肉伸びを導くことから、アナボリックステロイドなど
筋肉強化剤として世界中で使用されている。
—————————————————-

そんなふうに、アナボリックは筋肉強化をもたらす機能のことで、
特にアナボリックステロイド(筋肉強化剤)は、
マッチョの世界ではメジャーな有なんだとか。

も、気になるのは、いよいよリアクションですよね。
お兄さんいわく、確かにリアクションはあるけれども、
それをサポートするメンテナンス剤(クロミッドなど)を必ず併用すれば、あんまり大きなデメリットはないらしきのです。

また、雑貨についても、先発品ではなく同元の二番煎じアイテムが良いとのこと。
なので、私も美しくわからなかったので、注目の候補について教えていただきました。

■注目の筋肉強化!アナボリックステロイド!

●オキシポロン(先発アイテムアナドロール)
配合元は「オキシメトロン」、リアクションの女の子化が小さく男性にグッドとのこと。

●メダナボル(先発アイテムダイアナボル)
配合元は「メタンジエノン」、世界でひときわ世論がありみんなに愛用されているらしい。ダディー向け。

●アナドリン(先発アイテムアナバー)
配合元は「オキサンドロロン」、リアクションの公算が小さく、一般人や女性の方にグッド。

●ウィンゾロン(先発アイテムウインストロル)
配合元は「スタノゾロール」、アンドロゲン(ダディー化)機能が速く女性の方に向いているらしき。

また、ステロイドに抵抗があるヒューマンは、
ステロイドを含まない“非ステロイド薬”もあるとのこと。

■非ステロイド薬でアナボリックを援助!

●スピロテロール
配合元は「クレンブテロール塩酸塩分」、筋肉を維持したままで脂肪を落としていただけるらしき。

●リオサイトメル
配合元は「リオチロニンナトリウム」、代謝を高めて受け取るらしき。

その他、「ファーミアマッスル」や「アナバー」といった栄養剤で様式をみても良いとおっしゃっていました。

お兄くん、ありがとう!

ここまで教えていただければ、あとは実施居残るのみ。
アナボリックを制して、筋肉強化の路上へゴー!

今から、どうなるか正に楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です